ライブ関連

エリッククラプトンの2019武道館(4/15)のセトリと感想まとめ

どーも、サトコジです。

ギターをやってきた人なら誰もが知っているであろうギターの神様・エリッククラプトン!

現在来日、武道館ライブの2日目を終えています。

初日は4/13(土)で、感動のツイートがたくさん寄せられてました。

→初日4/13のセトリや感想はこちらから

2日目は4/15(月)と平日ではありますが、仕事をしている場合じゃないとばかりに、たくさんの人が押し寄せたようです。

さて、2日目はどんな内容だったのでしょうか。

今回は「エリッククラプトンの2019武道館(4/15)のセトリと感想まとめ」という内容でお届けします!

それでは始めていきますね!

Sponsored Links

4/15(月)のセトリは?

4/15(月)のセトリは以下の順番でした。

1. Pretending
2. Key To the Highway [Charles Segar]
3. Wanna Make Love to You
4. Hoochie Coochie Man [Muddy Waters]
5. I Shot The Sheriff [The Wailers]
6. Driftin’ Blues [Johnny Moore’s Three Blazers]
7. Running On Faith [Jerry Lynn Williams]
8. Nobody Knows You When You’re Down And Out [Jimmy Cox]
9. Tears In Heaven
10. Layla
11. Badge
12. Wonderful Tonight
13. Crossroads
14. Little Queen Of Spades [Robert Johnson]
15. Cocaine [J.J. Cale]

~アンコール~
16. High Time We Went [Joe Cocker]

という内容でした。

4/13とほぼ同じ曲で、若干曲順が違うかなという感じですね。

全部で16曲も74歳という高齢でやってしまうなんて、すごいですよね!

しかも1日だけじゃなく、まだあと3日も残ってるんですよ!

がんばって~!ってお前に言われたかないよって感じですね…

4/15(月)のライブ感想まとめ

初日の4/13も感動のツイートがたくさん見られましたので、4/15に参戦した方たちのツイートもまとめてみました。

みなさん、しびれまくってますね!

やっぱり大人の色気といいましょうか、最高に渋いブルースが体感できたようですね!

 

4/15の感想ではないのですが、初日に特別出演をされたジョンメイヤーも、自身のSNSに共演について特別な出来事だったと感動のコメントを残していたようですね♪

ジョンメイヤーもほんと良いプレーをするギタリストで、新3大ギタリストの一人ですよね!

新・旧3大ギタリストが一緒にプレーするなんて、なかなか日本では見れないですよね~!

まとめ

ということで今回は「エリッククラプトンの2019武道館(4/15)のセトリと感想まとめ」という内容でお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

次回は4/17(水)ということで、またセトリや感想がわかりましたらアップする予定ですので、よければまた来てください(^^♪

ということで今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またお会いしましょう♪